ブリヂストン、トルコでの乗用車用タイヤ工場の新設を検討

自動車 ビジネス 海外マーケット

ブリヂストン・ECOPIA EP25(参考画像)
  • ブリヂストン・ECOPIA EP25(参考画像)
ブリヂストンの関連会社である「ブリサ・ブリヂストン・サバンジ・タイヤ(Brisa)」は、トルコ国内に乗用車用ラジアルタイヤ工場の新設について検討を開始したと発表した。

トルコは高いGDP成長率と人口構成(人口約7500万人/平均年齢28.8歳)を背景に、今後更なるタイヤ需要の伸びが見込まれている。

Brisaはトルコのイズミット市に乗用車用ラジアルタイヤ、トラック・バス用ラジアルタイヤなどを生産する工場を持っており、建設が決まれば新工場はトルコ国内で2か所目の工場となる。

なお、生産開始の時期や立地などは未定。今後はトルコ国内での土地取得を進めていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集