ボンバルディア、豪ゴールドコースト向けLRVを納入…サーフボードラックを装備

鉄道 企業動向

ボンバルディアが豪ゴールドコーストのLRT向けに製造した低床電車「FLEXITY 2」
  • ボンバルディアが豪ゴールドコーストのLRT向けに製造した低床電車「FLEXITY 2」
  • 豪ブリスベンの港に陸揚げされた、ボンバルディア製の豪ゴールドコースト向け電車「FLEXITY 2」
ボンバルディア・トランスポーテーションは9月20日、来年運行開始予定のオーストラリア・ゴールドコーストのライトレール(軽量軌道交通)から受注した低床路面電車の第1陣を納入したと発表した。「路面電車としては世界初」というサーフボードラック装備が特徴だ。

車両は同社が開発した「フレクシティ2(FLEXITY 2)」と呼ばれるタイプで、7車体連接の完全低床車。編成全長は43.4m、幅は2.65mで、ブルーとゴールドの塗装はゴールドコーストのイメージカラーにちなんでいる。マリンリゾートを走る路線ならではの設備として、路面電車では世界初というサーフボードラックを設けているほか、夏の暑さに対応し、同タイプの路面電車としては最も強力なタイプのエアコンを搭載している。

電車は14編成が導入される予定で、今回公開された第1編成は9月10日に製造地のドイツからオーストラリアに到着。すでに6編成は同国に向け輸送中で、残りの編成も来年初頭には納入されるという。

ゴールドコーストのライトレールは最初の区間が2014年半ばに運行開始予定。運行はボンバルディアや仏国鉄グループの交通企業ケオリス(Keolis)などでつくる「GoldLinQ」社が、地元のクイーンズランド州政府と18年契約で行う。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集