JAXA、無人気球到達高度の世界記録を更新、超薄膜高高度気球の飛翔性能実験で

宇宙 企業動向

JAXA、、「超薄膜高高度気球の飛翔性能試験(BS13-08)」を実施
  • JAXA、、「超薄膜高高度気球の飛翔性能試験(BS13-08)」を実施
  • JAXA、、「超薄膜高高度気球の飛翔性能試験(BS13-08)」を実施
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月20日、「超薄膜高高度気球の飛翔性能試験(BS13-08)」を実施し、到達高度53.7kmと無人気球到達高度の世界記録を更新したと発表した。

2002年5月に当時の文部科学省宇宙科学研究所が放球した超薄膜高高度気球(厚さ3.4μmのポリエチレンフィルム製、満膨張体積6万立方メートル、直径53.7メートル)の到達高度53.0kmを越えた。

今回の実験は、新たに開発した世界で最も薄い気球用フィルムである厚さ2.8μmのポリエチレンフィルムを使って製作された超薄膜高高度気球の飛翔性能試験を目的として実施したもの。JAXAと北海道大樹町の連携協力拠点である大樹航空宇宙実験場から午前5時22分に放球した。

この気球は、満膨張体積が8万立方メートル(直径60メートル)の超薄膜高高度気球で、毎分250メートルの速度で上昇し、放球2時間42分後に大樹航空宇宙実験場東南東約130kmの太平洋上で高度53.7kmに達した。その後、8時15分に指令電波により気球を引裂いて破壊し、気球と制御機器部は大樹航空宇宙実験場東南東約150kmの海上に緩降下した。

JAXAでは、今回の実験で、厚さ2.8μmのポリエチレンフィルムを使った超薄膜高高度気球の設計・製作・放球の一連のプロセスの妥当性を実証することができたとしている。今後は、「MT-135」ロケットに代わる飛翔体として、より幅広い高度50~60km周辺の中間圏下部で、大気科学など「その場観測」の実現に取り組む。

今回の実験で、放球時の地上気象状況は、天候が晴れ、風速が毎秒1.0m、気温が摂氏10度だった。

今回の実験で2013年度第2次気球実験は終了する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集