パイオニア、世界初、ペダリング状態を可視化する「ペダリングモニターシステム」を開発

自動車 ビジネス 企業動向

ペダリングモニターセンサー「SGY-PM900H90」
  • ペダリングモニターセンサー「SGY-PM900H90」
  • ペダリングモニターセンサー「SGY-PM900H79」
  • サイクルコンピューター「SGX-CA900」
  • ペダリングモニターシステム概要
  • ペダリングモニターセンサーの主な特長
  • Web解析サービス「シクロスフィア」
パイオニアは、世界初となる画期的な計測と表示によりペダリングを可視化するペダリングモニターシステムを9月下旬から順次発売すると発表した。

ぺだリングモニターシステムは、ペダリング状態を計測するセンサー、計測データを表示・記録するコンピューター、走行データを解析するWebサービスで構成し、ペダリングを可視化する。ペダリングモニターセンサー「SGY-PM900H90」「SGY-PM900H79」とサイクルコンピューター「SGX-CA900」を発売する。

システムは、今年度のツール・ド・フランスにも出場したプロサイクルチーム「ベルキンプロサイクリングチーム」(オランダ)などのモニター使用による、意見や要望も取り入れて開発した。ペダリングを可視化することで、走行中のペダリングの特徴や癖を詳細に把握することができる。

左右それぞれのクランクにかかる力の大きさをクランクの回転角度30度ごと(計12カ所)に計測・算出し、ペダリング1回転ごとの力の効率を示す「ペダリング効率」、左右それぞれペダリング1回転ごとのパワー値や、12カ所の計測ポイントの力の方向と大きさをリアルタイムで表示・記録する。ANT+対応の各種センサーにも対応する。

記録したデータは、Web解析サービス「シクロスフィア」にアップロードすることで、サイクルコンピューターの内蔵GPSによる、走行軌跡とリンクし、ブラウザ上で地図表示やグラフ表示を使って詳細に解析することができる。

価格はペダリングモニターセンサーのSGY-PM900H90/SGY-PM900H79が各15万7500円、サイクルコンピューターのSGX-CA900が8万4000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集