エアバス、ワイドボディのA350 XWB/A330/A380が初の編隊飛行

航空 企業動向

初の編隊飛行を行うA350 XWBとA330、A380
  • 初の編隊飛行を行うA350 XWBとA330、A380
  • 初の編隊飛行を行うA350 XWBとA330、A380
エアバスは9月19日、『A380』と『A330』、そして最新の『A350 XWB』のワイドボディ系列の飛行テスト用航空機がトゥールースを離陸し、それぞれの飛行テストミッションに入る前に、初めての編隊飛行を行ったことを公表した。

多機能なA330から効率的なA350 XWB、そしてフラッグシップのA380といった最新のワイドボディ機は、航続距離や積載量といった機能となどの世界中の航空会社の要求をカバーするだけでなく、環境性能と乗客へ快適性を提供しつつ、優れた経済性をも実現するとエアバスは説明する。

また、同社の航空機群はエアフレームやオンボード・システム、コクピットとハンドリングの特徴など多くの部分で共通性が持たされており、操縦性・整備製の面でも運用負荷を低減するという。これにより、パイロットやクルー、メンテナンスのトレーニング時間を減少させるが可能で、航空会社にたいして柔軟性を与えることが可能になると説明している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集