山陽電鉄と神戸新交通、ICカード全国相互利用サービスに対応…2014年春から

鉄道 企業動向

山陽電鉄網干線の網干行き普通列車。2014年春からはSuicaやPASMOなどでも利用できるようになる予定。
  • 山陽電鉄網干線の網干行き普通列車。2014年春からはSuicaやPASMOなどでも利用できるようになる予定。
  • ポートライナーの神戸空港駅。現在はPiTaPaとICOCAのみ利用できる。
山陽電気鉄道と神戸新交通は9月19日、交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応する方向で準備を進めていると発表した。2014年春から対応する。

山陽電鉄の本線と網干線、神戸新交通のポートアイランド線(ポートライナー)と六甲アイランド線(六甲ライナー)では既にICカードを導入しており、関西圏私鉄を中心に展開しているPiTaPa(ピタパ)とJR西日本のICOCA(イコカ)が利用できる。しかし、今年3月から始まった全国相互利用サービスには対応していなかった。

2014年春からは、両社が運営している鉄道全線で全国相互利用サービスに対応する予定。これによりJR東日本のSuica(スイカ)や関東圏私鉄のPASMO(パスモ)なども利用できるようになる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集