NTTドコモ岩崎副社長、M2M活用の車両向け情報提供を2015年までに開始

自動車 ビジネス 企業動向

NTTドコモ 岩崎文夫副社長
  • NTTドコモ 岩崎文夫副社長
  • NTTドコモ 自動車とモバイル通信の連携
  • NTTドコモ 自動車とモバイル通信の連携
  • NTTドコモ 自動車とモバイル通信の連携
NTTドコモの岩崎文夫副社長は9月19日に都内で行った講演後、レスポンスの取材に応じ、スマートフォンなどのモバイル端末とクラウドを活用して車両に様々な情報を提供するサービスを2015年度までに順次実用化することを明らかにした。

岩崎副社長は「車両側に通信機能付きの様々なセンサー機器がのり、これがネットワークを通じITSのクラウドに様々なデータが収集できるようになる時代がきた。例えばエンジンや燃料計などの車両の状態を始め、ドライバーが運転する行動パターンや疲労度合など様々な情報をクラウドに蓄積することが可能になる」と説明。

その上で「ITSクラウドに集まったデータをもとに、車両のメンテナンスやドライバー一人ひとりに対するアドバイス、あるいは全体を統計的に分析して、それが様々に使われる時代になるのではないか」とも指摘。

具体的なサービスとしては「細やかな自動車整備のサポートのほか、ドライバー一人ひとりに合うようマッチングした自動車に関する新製品のレコメンド(推薦)、車の乗り方のパターンに合わせた商品保険の紹介などを、クラウドから車の中にあるスマートフォンやタブレット端末に提供することを2015年度までに実現したい」と述べた。

また岩崎副社長は「M2M(機器間通信)の領域で現在100億円くらいの売上があるが、これを2015年度までに10倍にする目標を掲げており、このうち車両向けサービスが半数近くを占めるようになる」との見通しも示した。

次世代オートアフタービジネス研究会設立イベント
主催:次世代オートアフタービジネス研究会 事務局

■2013年9月25日(水) 大阪会場
ホテル阪急インターナショナル
■2013年10月11日(金)福岡会場
ももち浜SRP ホール
■2013年10月23日(水)仙台会場
ウェスティンホテル仙台
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集