オリンパス、インドからローエンド・モデル・コンパクトカメラ撤退

エマージング・マーケット インド・南アジア

日本の光学機器・電子機器メーカー、オリンパスはインド国内でのローエンド・コンパクトカメラの販売を徐々に縮小し取りやめ、今後は高価格帯の一眼レフカメラなどの商品に力を入れて行くと発表。

現在同社のコンパクトカメラは4500~32,000Rs程の価格帯で販売されているが、スマートフォンの台頭によりデジタルカメラの需要が下がり販売状況が厳しくなっていたようだ。

今後はローエンド・モデルのコンパクトカメラの新製品開発はしない方針。
編集部

編集部おすすめのニュース

特集