ホンダ、ナイジェリアに四輪現地法人を設立…アフリカ2拠点目

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダ・シティ
  • ホンダ・シティ
  • ホンダ CR-V(マレーシア仕様)
ホンダは現地時間9月17日、アフリカ西部の最大市場であるナイジェリアにおいて、四輪車および部品を輸入・販売する現地法人ホンダオートモービル・ウエスタンアフリカ(HAWA)を設立すると発表した。

HAWAは、四輪事業では南アフリカに次いでアフリカで2番目に設立した現地法人となる。業務の開始は今月を予定しており、『シティ』をタイから、『シビック』『アコード』『CR-V』などを米国から輸入し、販売する。

ホンダは「小さく生んで大きく育てる」という考えのもと、ナイジェリアではすでに二輪車の生産および販売を行う現地法人を設立し、二輪事業の拡大を図ってきた。今後は、四輪事業においても、アフリカ最大の人口を誇り成長が期待できるナイジェリアで拡大させていく。ホンダのナイジェリアにおける2012年の四輪車の販売実績は約2500台で、2013年は3000台以上を見込んでいる。そして、2014年には4000台を目指して、販売を強化していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集