ボンバルディア、Cシリーズ航空機の初飛行を完了

航空 企業動向

最初の飛行テストを成功させたCシリーズ航空機
  • 最初の飛行テストを成功させたCシリーズ航空機
  • 最初の飛行テストを成功させたCシリーズ航空機
ボンバルディアは9月16日、同社の100-149座席を持つ航空機『Cシリーズ』の初飛行テストを天候下で行い、成功を収めたことを発表した。

この初回の飛行はCシリーズの機体だけでなく、プラット&ウィットニー社の新しいギヤード・ターボファン・ピュアパワー・エンジンにとって最初のテストとなった。

「製作に5年間を費やし、Cシリーズ航空機の初飛行は、我々の世界中の従業員やパートナー、そしてサプライヤー達の信じられない量のハードな働きによって実現できたものだ」とボンバルディア商用航空機Cシリーズプログラムの副社長兼常務取締役のロブ・デワー氏は語った。

この初飛行の間、CシリーズのFTV1(飛行テストビークル1)は1万2500フィート(3810メートル)の高度に達した。

Cシリーズ航空機は初飛行終了後、カナダのケベック州ミラベルにあるボンバルディアの施設で待つ3000人以上のボンバルディアの従業員や役員、顧客やパートナー、サプライヤーなどに出迎えられた。

現在製造中である合計5機のCS100飛行テストビークルは、来るべき月の飛行テストプログラムに合流することとなっている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集