タクシー会社がタクシー向けドラレコ発売へ 日本交通

自動車 ビジネス 企業動向

ドライブレコーダー本体
  • ドライブレコーダー本体
ハイヤー・タクシー都内最大手の日本交通は9月17日、家電ベンチャーCerevoとのコラボレーションにより、タクシー向けに特化したドライブレコダーを開発し、10月から予約販売を開始すると発表した。

タクシーの運行管理に必要な機能に特化した製品をタクシー事業者自ら開発した点が特徴で、業界では初めて。また、試作には3Dプリンターを活用し、小ロットでも委託生産によって自らハードウェアを作ることができる「メイカーズ」時代の幕開けだとしている。

日本交通は2004年からドライブレコーダーを導入しているが、次期機種の選定に入ったところ、既存のレコーダーには不要な機能も多く、最適なコストパフォーマンスを得られる機種を選定できなかったため、自社で開発することにした。

税込み販売価格は1台2万9800円で、解析ソフトは無償で付属する。室内、室外カメラともに200万画素と画質にこだわり、ナンバーまで見える鮮明な映像を記録できる点が特徴だ。

2014年4月には、第2弾としてIPを利用した無線タクシー配車システムを発売する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集