中国ハルビン合成製造センターがA350の昇降舵納入を開始

航空 企業動向

エアバスA350 XWB
  • エアバスA350 XWB
  • エアバスA350 XWB
エアバスは9月16日、同社の合同ベンチャー企業である中国のハルビン哈飛汽車合成製造センター(HMC)が、エアバス『A350 XWB』向けの昇降舵の納入を開始した。

HMCで製造された昇降舵はスペインを本拠とするAernnova Aerospace(ANN)に配送され、スペインのヘタフェににあるエアバスの工場で、A350 XWBの水平尾翼への取り付けが行われる。

2010年にHMCとANNの間で交わされた契約により、HMCはカーボンファイバーの昇降舵の完全なセットの製造及び組み立てを行う責任を持つ。

2007年にエアバスと中国政府の間で交わされた協定によれば、エアバスは中国で製造されるA350 XWBのエアフレームの5パーセントを配分させることを了承し、HMCによって行われた仕事のパッケージは、この5パーセントの大きな部分を占めることとなる。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース