マツダ、スクラムトラック をフルモデルチェンジ…室内空間拡大と低燃費を実現

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ・スクラムトラック
  • マツダ・スクラムトラック
  • マツダ・スクラムトラック
マツダは、『スクラムトラック』をフルモデルチェンジし、9月20日より販売を開始する。

14年ぶりにフルモデルチェンジした新型スクラムトラックは、車体のレイアウトを全面的に見直し。クラストップの最少回転半径3.6mを実現するとともに、クラストップの荷台フロア長を実現しながら居住空間を拡大した。

また、オフセット衝突法規への対応や、防錆対策強化による長期サビ保証の実現など、軽トラックに求められる安全性や耐久性も向上させている。

さらに、新型エンジンの採用や高張力鋼板の採用による車体の軽量化などにより、「KCエアコン・パワステ」2WD・5MT車では、クラストップの低燃費18.6km/リットル(JC08モード)を達成した。

機種体系についても見直しを図り、フォグランプなど安全性や快適性をサポートする装備を充実させた「KX」を設定。軽トラックユーザーのニーズに応えるラインナップとした。

価格は78万4350円から117万1800円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集