【国際福祉機器展13】アイシン精機、睡眠モニターシステムを参考出品

自動車 ビジネス 企業動向

アイシンのブースのテーマ「日々の暮らしを笑顔に」(イメージ図)
  • アイシンのブースのテーマ「日々の暮らしを笑顔に」(イメージ図)
  • ASLEEP睡眠モニターシステム(仮)の概要
アイシン精機は、9月18日から20日まで、東京ビッグサイトで開催される「第40回 国際福祉機器展H.C.R.2013」に出展する。

ブースでは「日々の暮らしを笑顔に」をテーマに、住空間商品を紹介する。

今回は、サービス付き高齢者住宅向けの「ASLEEP睡眠モニターシステム(仮)」を参考出展する。同システムは、センサーで検知したベッド上の人の体の動きから、起きているのかどうかや、睡眠の深さなどを、介護施設の管理室など離れた場所で確認できる。

そのほか、1回の充電で約20kmの連続走行が可能な電動車いすなどの福祉機器、健常高齢者の生活を豊かにするベッドやミシンなども出展する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集