マレーシアの鉄道開発、20年までに1600億リンギを追加投資

エマージング・マーケット 東南アジア

ナジブ・ラザク首相は9月10日に開幕した「レイル・ビジネス・アジア2013」において、2020年までの鉄道開発など関連のプロジェクトに追加で1600億リンギを調達すると明らかにした。ニュー・ストレーツ・タイムズなどが報じた。

ナジブ首相によると、政府は1990年からこれまで鉄道開発に500億リンギ以上を投資した。これまで鉄道は不便で、トラックなどに比較すると柔軟性がないため鉄道産業はひっ迫していた。過去数年に渡り、効率化を図ることで復活したという。

ナジブ首相は、マレーシアを含めたアジアにおいて、鉄道網が拡大しているとコメント。今後の鉄道産業はコストを抑え、安全性や確実性の改善が必要だとの見解を示した。首都圏における大量高速輸送(MRT)プロジェクトでは、これまで13万人の雇用を見込んでおり、より多くの技術者が必要との見解を示した。研究・開発(R&D)、信号システムの製造、線路や施設、その他のインフラ整備の建設で特に人材が必要だと述べた。建設業開発局(CIDB)の訓練施設では人材育成の加速が見込まれており、公共陸運委員会(SPAD)やマレー鉄道(KTMB)でも人材育成のための取り組みを行っていると明らかにした。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース