JAXA、イプシロンロケット試験機の打上げ再設定は9月14日以降に

宇宙 企業動向

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、イプシロンロケット試験機の打上げ日の再設定について9月14日以降になると発表した。

内之浦宇宙空間観測所からの惑星分光観測衛星(SPRINT-A)を搭載したイプシロンロケット試験機は、8月27日に打上げる予定だったが、打上げ直前に中止した。

中止原因の究明・対策結果と、特別点検の状況から、再設定する打上げ日は9月14日以降になるとしている。

JAXAの担当者は当初、9月上旬に打上げるとの見方を示していたが、打上げを完璧に準備するため、ずれ込む見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集