トヨタ車体、インドネシア子会社で自動車用樹脂めっき部品を生産開始

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ車体と関東化成工業の合弁会社、レジンプラッティングテクノロジー(RPT)
  • トヨタ車体と関東化成工業の合弁会社、レジンプラッティングテクノロジー(RPT)
  • トヨタ車体と関東化成工業の合弁会社、レジンプラッティングテクノロジー(RPT)
トヨタ車体と関東化成工業の合弁会社、レジンプラッティングテクノロジー(RPT)は、9月6日より生産開始セレモニーを実施した。

RPTはインドネシアにおける自動車用樹脂めっき部品製造会社。トヨタ車体のめっき事業は、2000年に当時のトヨタ・アストラ・モーターから自動車用樹脂めっき部品現地調達化の要請を受け、インドネシア子会社 スギティークリエーティブス(S/C)を立ち上げた。今回、市場拡大に伴いS/Cから事業を分割し、めっき専門メーカーで高度な技術を保有する関東化成とともにRPTを設立した。

新会社の資本金は1000万米ドル(約10億円)、出資比率はトヨタ車体65%、関東化成35%。投資額は約16億円。

セレモニーには、トヨタのインドネシアでの車両生産会社、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・インドネシアの秋山守副社長などを来賓に迎え、トヨタ車体の岩瀬隆広副社長、関東化成の田中耕一社長ら約70人が出席した。

セレモニーでは、トヨタ車体の岩瀬隆広副社長執行役員が「RPTでは、最新のめっき技術を用いた高品質で低コストな部品を生産し、これまで以上にインドネシア自動車産業の発展に貢献していきたい」と挨拶した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集