首都圏鉄道新路線パープルライン、地下鉄のバンコクメトロが運営受託

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】バンコク地下鉄MRTを運営する民間企業バンコクメトロは4日、バンコク首都圏の鉄道新路線パープルラインの一部、クロンバンファイ―タオプーンの運行システム導入および運営をタイ電車公社(MRTA)から受注した。30年契約で、総額826・3億バーツ。

 クロンバンファイ―タオプーンは総延長23キロ、16駅。現在の工事進捗率は72%で、2017年開業を目指している。 
《newsclip》

編集部おすすめのニュース

特集