イプシロンロケット 打ち上げ日を9月14日以降に再設定

宇宙 テクノロジー

イプシロンロケット 打ち上げ日を9月14日以降に再設定
  • イプシロンロケット 打ち上げ日を9月14日以降に再設定
JAXA 宇宙航空研究開発機構は、2013年8月14日に打ち上げ中断、延期となっていたイプシロンロケット初号機について、新たな打ち上げ日程を9月14日以降と発表した。

SPRINT-A 惑星分光観測衛星を搭載したイプシロンロケット初号機は、当初8月27日に打ち上げが設定されていた。しかしロケット搭載コンピュータと地上管制側コンピュータとの間に通信の遅延があり、ロケット姿勢データを正しく取得できなかったため打ち上げ予定時19秒前に自動停止し打ち上げは中断された。その後、原因究明と再度のリハーサルを経て新たな日程が決定した。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集