モスクワ地下鉄、2014年半ばを目標に車内Wi-Fi整備…ロシア紙報道

鉄道 テクノロジー

モスクワ地下鉄の駅。2014年半ばを目標に車内Wi-Fiを整備する方針が報じられた
  • モスクワ地下鉄の駅。2014年半ばを目標に車内Wi-Fiを整備する方針が報じられた
  • 2014年半ばを目標に車内Wi-Fiを整備する方針が報じられた、モスクワ地下鉄の電車内
モスクワ地下鉄が2014年半ばまでに車内無料Wi-Fiを整備する方針であると、ロシア紙モスクワニュース(オンライン版)が報じた。

記事によると、モスクワ市の交通部門幹部は2014年半ばを目標に、高速Wi-Fiを全列車に整備する方針であると述べた。当初は駅にWi-Fi設備を設ける予定だったものの、車両に設置する方針に変更された。設置は8号線(カリーニンスカヤ線)と11号線(カホーフスカヤ線)の2路線から開始される予定という。

モスクワ地下鉄は全12路線、総延長308.7kmで、2009年のデータでは1日平均利用者数が655万人と、世界有数の規模を持つ。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集