オーストリアの新型近郊電車、デザイン発表…2015年末運行開始

鉄道 企業動向

オーストリア連邦鉄道が導入する新型電車「シティジェット」の外観イメージ
  • オーストリア連邦鉄道が導入する新型電車「シティジェット」の外観イメージ
  • オーストリア連邦鉄道が導入する新型電車「シティジェット」のインテリアイメージ
オーストリア連邦鉄道は9月3日、ドイツ・シーメンス社に計100編成を発注している都市近郊・中距離区間用新型電車の外観とインテリアデザインを発表した。愛称は「シティジェット(City Jet)」で、2015年末から運行を開始する予定。

「シティジェット」は3両編成で、最高速度は160km/h。シーメンス社が開発した「デジロML」と呼ばれるタイプの車両で、ドアのある車体中央部が低床となっているのが特徴だ。発注契約は今年1月に結ばれており、ドアの数が1編成片側6カ所の都市近郊用が30編成、片側4カ所の中距離用が70編成製造される。

外観は赤と白の塗り分けで、インテリアも赤を基調としたデザイン。座席数は都市近郊区間用が244席、中距離用が259席で、各席にコンセントと読書灯、ノートパソコンが使用できる折りたたみテーブルを装備する。車内には車椅子スペースや自転車搭載用スペースも設置される。

都市近郊用はウィーン周辺の近郊電車「Sバーン」など、中距離用はニーダーエスターライヒ・オーバーエスターライヒ・シュタイアーマルク各州の路線で運行される予定となっている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集