ゼンリン、横浜市と「災害時における協力関係を構築するための協定」を締結

自動車 ビジネス 企業動向

ゼンリン・住居表示地番対照住宅地図「ブルーマップ」(参考画像)
  • ゼンリン・住居表示地番対照住宅地図「ブルーマップ」(参考画像)
  • ゼンリン住宅地図スマートフォン(参考画像)
ゼンリンは9月4日、横浜市と「災害時における協力関係を構築するための協定」を締結したと発表した。

今回の協定は、地図の提供や地図の作成などで相互に連携し、災害対応に役立つより実用性の高い地図の創出につなげ、人々の安心・安全に貢献することを目的としたもの。

ゼンリンは、横浜市全域を網羅するA0サイズの広域図17枚や横浜市住宅地図帳36冊、横浜市エリアが利用できる「ZNET TOWN」1IDを横浜市に提供。また、災害発生時に即時に住宅地図を複製し利用できるようにするほか、災害対応に役立つ地図を創出するため、防災訓練などで得られた地図に対するニーズや要望、利用方法などについて情報交換を行う。

ゼンリンが自治体と災害に関する地図の提供や地図の作成などで連携協定を締結するのは、今回が初めて。同社では、横浜市との連携協定を第一弾として、他の自治体においても災害時などにおける協力関係を構築していきたいとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集