マレーシア航空、インドのコチ、クアラルンプール間就航

エマージング・マーケット インド・南アジア

マレーシア航空はインド南部の都市、コチとクアラルンプール間でフライトの運航を開始したとエコノミック・タイムス紙が報じた。

同航空会社に取ってはデリーやムンバイ、チェンナイなどに続きインド国内6番目の 就航都市となる。

昨年マレーシア-インド間の国際線売り上げは15%成長、今年7月までの時点でもさらに23%上昇しており、マレーシアからの国際線は今後も充実していく可能性もありそうだ。
編集部

編集部おすすめのニュース

特集