「こうのとり」4号機プロジェクト、補給キャリア非与圧部へ収納完了

宇宙 企業動向

ISSのロボットアームで把持された「こうのとり」4号機(出典:JAXA/NASA)
  • ISSのロボットアームで把持された「こうのとり」4号機(出典:JAXA/NASA)
  • 「こうのとり」4号機
  • ISSのハーモニーに結合された「こうのとり」4号機(出典:JAXA/NASA)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機(HTV4)の曝露パレットが、「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームから取り外され、「こうのとり」4号機の補給キャリア非与圧部に戻されたと発表した。

曝露パレットは「きぼう」ロボットアームによって船外実験プラットフォームから取り外された後、国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(SSRMS)に受け渡され、8月30日午後11時35分に補給キャリア非与圧部へ収納された。

曝露パレットには、不要となった米国の実験ペイロードSTP-H3(スペース・テスト・プログラム-ヒューストン3)が搭載されており、「こうのとり」4号機の再突入とともに廃棄される予定。「こうのとり」4号機のプロジェクトは順調に進展している。

今後「こうのとり」4号機は、9月4日に「ハーモニー」(第2結合部)から取り外され、9月5日にISSから分離する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集