昭和シェル石油、ガソリン卸価格を3.6円引き上げ

自動車 ビジネス 国内マーケット

昭和シェル サービスステーションイメージ
  • 昭和シェル サービスステーションイメージ
昭和シェル石油は、8月の石油製品卸価格の改定幅を発表した。

ガソリンの平均卸価格は、前月の平均価格と比べて1リットル当たり3.6円引き上げた。ガソリンの平均卸価格引き上げは3か月連続。

また軽油は2.4円、灯油は1.5円、平均卸価格をそれぞれ引き上げた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集