JAL、国際線が4カ月ぶりにプラス、東南アジアなどが好調…7月

航空 企業動向

日本航空(JAL)が発表した7月のグループ輸送実績によると国際線の旅客輸送人数は前年同月比3.7%増の66万5919人となり、4カ月ぶりに前年を上回った。

国際線の利用率は77.5%で前年から0.5ポイントアップした。方面別では韓国線が同8.1%減の7万0171人、中国線が同3.6%減の10万7396人、グアム線が同7.6%減の1万2993人と前年割れとなった。しかし、東南アジア線が同8.9%増の24万7326人、欧州線が同12.5%増の6万5127人、太平洋線が同5.3%増の15万2606人と好調で前年を上回った。

中国線の利用率は67.6%と低迷した。

国内線の旅客人数は同1.0%増の257万3440人と5カ月連続で前年を上回った。利用率は59.5%だった。

貨物郵便輸送実績によると国際線の貨物重量が同7.8%増の2万2675トン、郵便重量が同15.6%増の2254トンだった。

国内線の貨物重量は同1.0%増の3万6171トン、郵便重量は同9.1%増の2227トンだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集