近畿車両、米ロサンゼルスのLRVを追加受注

鉄道 企業動向
近畿車両が米ロサンゼルス郡都市交通局から97編成を追加受注したLRV
  • 近畿車両が米ロサンゼルス郡都市交通局から97編成を追加受注したLRV
  • 米ロサンゼルスのライトレール。近畿車両が新車を追加受注した
近畿車両は8月23日、同社の米子会社がロサンゼルス郡都市交通局から軽量軌道交通向けの車両(LRV)97編成を受注したと発表した。

昨年受注した78編成のオプションとしての追加受注で、総額は約3億6000万ドル(約360億円)。車両は2両編成で、2017年から19年にかけて納入される予定となっている。オプションは今回の78編成を含め計157編成が計画されており、全て発注されれば、昨年の受注分も含め235編成となる。

ロサンゼルス郡都市交通局によると、新車両は旧型車の置き換えのほか、既存路線の「エキスポライン」と「グリーンライン」を結ぶ計画中の新線に投入される予定。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集