【スバル XVハイブリッド 試乗】4WDのハイブリッドに値打ちあり…松下宏

試乗記 国産車
XVハイブリッド
  • XVハイブリッド
  • XVハイブリッド
  • XVハイブリッド
  • XVハイブリッド
  • XVハイブリッド
  • XVハイブリッド
  • XVハイブリッド
  • XVハイブリッド
『インプレッサ』をベースにした乗用車由来のSUVである『XV』に、スバル初のハイブリッド車が設定されて好調な売れ行きを見せている。

水平対向2.0リッターエンジンに1モーターを組み合わせた比較的シンプルなマイルドハイブリッドで、電池もリチウムイオン電池ではなくニッケル水素を使っている。スバル初ではあるが、さほど際立った特徴を持つハイブリッド車ではない。

JC08モード燃費はリッター20.0kmで、XVのガソリン車と比べたらかなり良くなったものの、最新のハイブリッド車としては平凡な数値である。

走りに関しても特徴的な部分はない。電池の搭載量が少ないのでEVモードを選んで走ることはできないし、走行中にモーターアシストできる時間も限られている。

中低速域でアクセルを踏み込むとエンジンにモーターのトルクが足し算されて力強い加速感が得られるが、これもごく短時間で終わる。すぐに電池を使い切ってしまうため長続きしないのだ。

このようにハイブリッド車として見るべき点が少ないのがXVハイブリッドだが、ほかにはないXVハイブリッドならではの魅力も備えている。4WDのハイブリッド車であることがそれだ。

『プリウス』を始めとする多くのハイブリッド車は、基本的に2WDばかりで4WD車の設定がない。4WDを求める積雪地のユーザーニーズにこたえられていない。ハイブリッドで4WDというと高価なSUVや大型のミニバンしかないのが実情だ。

日本では、積雪地のユーザーの多くが4WD車を選ぶが、4WDは重量増などによって燃費が悪くなりがちだ。しかも4WDであることによる価格アップや、北海道などでは走行距離の多さもあって経済的な負担が大きい。

なので、4WDに乗るユーザーこそがハイブリッド車を選びたいのに、生活4WDとして乗れるハイブリッド車がないのが実情だった。そんなユーザーのニーズにこたえるのがXVハイブリッドである。

4WDのハイブリッド車というほかにはない魅力を備えることが、XVハイブリッドが持つ価値で、好調な売れ行きにつながっている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

編集部おすすめのニュース

  • 【アバルト 595Cツーリズモ 試乗】余裕の動力性能で爽快なオープンドライブ…松下宏 画像 【アバルト 595Cツーリズモ 試乗】余裕の動力性能で爽快なオープンドライブ…松下宏
  • 【キャデラック エスカレード 試乗】山のように大きなボディを力強く押し出す走り…松下宏 画像 【キャデラック エスカレード 試乗】山のように大きなボディを力強く押し出す走り…松下宏
  • 【スズキ アルトエコ 試乗】燃費スペシャルながら走りもまずまず真っ当…松下宏 画像 【スズキ アルトエコ 試乗】燃費スペシャルながら走りもまずまず真っ当…松下宏
  • 【アウディ A6 ハイブリッド 試乗】システム合計180kW/480N・m、燃費と走りが高次元でバランス…松下宏 画像 【アウディ A6 ハイブリッド 試乗】システム合計180kW/480N・m、燃費と走りが高次元でバランス…松下宏

特集