日野自動車の第1四半期決算…販売増と円安で営業利益倍増

自動車 ビジネス 企業動向

日野・デュトロ
  • 日野・デュトロ
  • 羽村工場にてトヨタFJクルーザー を受託生産
日野自動車が発表したた2013年4~6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比110.0%増の319億円と大幅な増益となった。

国内売上げ台数は、小型トラック『デュトロ』の販売が貢献、同1.3%増の9500台と好調だった。海外売上げはタイなどのアジアでの販売が好調で、同1.0%増の2万8600台となった。日野ブランドのトラック・バスは同1.1%増の3万8100台となった。

また、トヨタ向けは『ランドクルーザープラド』が増加、同5.3%増の4万6600台となった。これらの結果、売上高は同11.2%増の4138億円と増収となった。

損益面では、売上高が増加したことや為替円安などの影響で大きく改善、経常利益は同126.5%増の306億円、当期純利益は同128.2%増の228億円となった。

通期連結業績予想は、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集