【夏休み】真岡鐵道、SL「5両」そろう「“キューロク”サマーフェスティバル」開催…8月4日

鉄道 企業動向
真岡~七井間の中間に位置する西田井駅に停車中のSL列車。真岡鐵道は写真のC12 66のほかC11 325を保有している。また、真岡駅に隣接しているSLキューロク館には真岡市が所有する49671が保存されている。
  • 真岡~七井間の中間に位置する西田井駅に停車中のSL列車。真岡鐵道は写真のC12 66のほかC11 325を保有している。また、真岡駅に隣接しているSLキューロク館には真岡市が所有する49671が保存されている。
  • 蒸気機関車の外観を模した真岡駅舎。この駅舎に隣接するSLキューロク館も蒸気機関車に似た外観を採用している。
下館(茨城県筑西市)~真岡(栃木県真岡市)~茂木(茂木町)間41.9kmの真岡線を運営している真岡鐵道は、中間の真岡~七井間が開業100周年を迎えることから、これを記念した「“キューロク”サマーフェスティバル」を真岡駅と同駅に隣接するSLキューロク館などで開催する。

同社は蒸気機関車のC11形1両(C11 325)とC12形1両(C12 66)を保有してSL列車の営業運転を行っている。また、4月28日にオープンした真岡市のSLキューロク館では「キューロク」こと9600形1両(49671)が保存されている。49671は営業運転はできないが圧縮空気を使って動かすことが可能で、休日に限り敷地内を走行している。

開催日時は8月4日の10時から19時まで。49671の運行(10時30分、12時、14時30分)のほか、真岡~七井間開通100周年記念式典(11時4分)、蒸気機関車の撮影会(15時30分)、転車台の見学(16時40分頃)などが行われる。

真岡駅の駅舎とSLキューロク館は蒸気機関車の形を模した外観となっており、蒸気機関車の撮影会は、蒸気機関車3両に駅舎とSLキューロク館を加えた「5両」の撮影会となる。真岡鐵道によると、「5両」がそろうのは初めてという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 梅小路蒸気機関車館、SL切手の企画展開催中…夏休みは「999とC62」イベント開催へ 画像 梅小路蒸気機関車館、SL切手の企画展開催中…夏休みは「999とC62」イベント開催へ
  • 大井川鐵道、今年も青い蒸気機関車「SLくん」運転…7月20日から 画像 大井川鐵道、今年も青い蒸気機関車「SLくん」運転…7月20日から
  • 梅小路蒸気機関車館内のSLスチーム号、乗車人数が累計200万人を達成 画像 梅小路蒸気機関車館内のSLスチーム号、乗車人数が累計200万人を達成
  • あおなみ線SL列車運行を中部運輸局が認可 画像 あおなみ線SL列車運行を中部運輸局が認可

特集

おすすめのニュース