WRC、ラリーフィンランドが最多のエントリーを発表

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
ラリーフィンランド
  • ラリーフィンランド
  • ユホ・ハンニネン
  • クリス・ミーケ
  • パー=ガンナー・アンダーソン
  • エサペッカ・ラッピ
  • ロバート・クビサ
8月1日に開幕するWRC ラリーフィンランドに、今季最多のマシンがエントリーした。

このラリー第7戦にはレギュラーのワークス・チームの他に、多くのワールドラリードライバーが参加、ハイスピードのフィンランドのステージを競うこととなる。

フィンランドのユホ・ハンニネンがフォード・フィエスタRSでラリーに復帰し、彼のホームグランドでファクトリーチームのドライバーに大きなチャレンジを提供する。また地元の知識を持つヤルコ・ニカラが、プロドライブによって準備されたMINI WRCを運転することとなる。

またイギリス人ドライバーのクリス・ミーケが、カリッド・アル‐カシミのDS3ワールドラリーカーをアブダビ・シトロエン・チームの為に運転し、さらにスウェーデン人のパー=ガンナー・アンダーソンがフォード・フィエスタRSをドライブする間に、地元ドライバーのリク・ターコがMINIのハンドルを握る。

WRC‐2カテゴリーは20エントリーを数え、フィンランド人のエサペッカ・ラッピがシュコダ・ファビアS2000を運転する。そして前回のラリーイタリアのほとんどのステージを支配した、元F1ドライバーのロバート・クビサもシトロエンDS3 RRCに戻ることとなる。

WRC-2はまたR5の設定を初めて参加させ、ヤリ・ケトマ、エルフィン・エヴァンス、アイビッド・ブリニルドセンを含むドライバー達が新しいフォード・フィエスタを運転する。

WRC-3クラスには11人のドライバーがエントリーし、全てのドライバーはシトロエンDS3 R3Tをシトロエンのトップドライバーのテーマに沿って運転することとなる。

ラリーフィンランドはFIAジュニアWRCの3戦目に当たり、シリーズのリーダーであるポンタス・タイデマンドは、地元ドライバーであるアンドレアス・アンバーグやニッコ‐ペッカ・ニエミネンの挑戦を受ける。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集