トヨタ紡織とBASF、自動車用次世代シートの共同開発に着手

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ紡織 大島誠技監
  • トヨタ紡織 大島誠技監
  • Aptus
  • Aptus
  • Aptus
トヨタ紡織と独BASFは7月8日、自動車用次世代シートの共同開発に着手すると発表した。トヨタ紡織の大島誠技監は同日、都内で会見し「プロトタイプを2013年中に造って、どこかで発表したいと思っている」との見通しを示した。

共同開発するのは、BASF主催した自動車用シートのデザインコンテストで、素材活用度のテーマで特別賞を受賞したトヨタ紡織のデザイン作品「Aptus(アプタス)」のコンセプトがベースになる。アプタスはシート背もたれ部分が可変することで、あらゆる体格の人に対応する機構を備えている。またBASF製の樹脂素材の採用で軽量化を図るのも特徴。

大島技監は「コンセプチャルな部分がかなり多いので、我々とBASFのエンジニアが協力して、(アプタスのデザイナーである)クリスチャン・デリースが理想と描いている、非常に軽量で誰にでもフィットできるシートに少しでも近づけたプロトタイプを造りたい」と述べた。

またアプタスの採用を想定する車両について大島技監は「シティビークル、都市内で使われる車にとって良いシートにしたい。それは軽量であること、それからコンパクトなボディではあるが、広い室内を得られるというコンセプトに合致するからだ」と語った。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集