シボレー コルベット、初代誕生から60周年

自動車 ビジネス 企業動向
1953年6月30日、米国ミシガン州フリント工場でラインオフした初代コルベット
  • 1953年6月30日、米国ミシガン州フリント工場でラインオフした初代コルベット
  • 新型シボレー コルベット Z51パフォーマンスパック
米国を代表するスポーツカー、GMのシボレー『コルベット』。同車が誕生60周年の節目を迎えた。

これは、GMのシボレーブランドが明らかにしたもの。「初代コルベットがラインオフして、6月30日で60周年となった」と発表している。

初代コルベットの第一号車(プロトタイプ)は、1953年6月30日、米国ミシガン州フリント工場でラインオフ。初代コルベットはFRP製のオープンボディに、排気量3854ccの直列6気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力150ps、トランスミッションは2速ATと、スポーツカーというよりは、スペシャルティカー的性格の強いモデルだった。

その後、1955年に最大出力190psのV8エンジンとマニュアルトランスミッションを追加。1957年には、最大出力283psのV8インジェクション仕様が設定され、スポーツカーとしての性能を高めていく。

1977年、コルベットの累計生産台数は50万台に到達。1992年には累計生産が100万台に届き、2009年には150万台を達成した。

シボレーブランドのマーケティング担当、クリス・ペリー副社長は、「過去60年間に渡り、コルベットは映画スターやミュージシャン、宇宙飛行士などに選ばれ、米国文化の一部に取り込まれてきた」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集