ホンダ フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト、育成カテゴリーレースをフォーミュラ4に変更

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

中山友貴(参考画像)
  • 中山友貴(参考画像)
  • 山本尚貴(参考画像)
ホンダは、若手ドライバー育成プロジェクト「フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」について、育成カテゴリーレースを「フォーミュラ4」へ変更すること検討していると発表した。

ホンダはモータースポーツ界で活躍する有能な若手ドライバーの発掘・育成を目的としてHFDPを展開。HFDPは各レースカテゴリーでのステップアップを体系化した若手ドライバー育成プログラムで、成績優秀者へのスカラシップ授与と上位カテゴリーへの参戦サポートを行っている。

これまでプログラムに組み込んでいた育成カテゴリーレース「フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」が、2013年をもって休止となることを受け、ホンダは日本自動車連盟および日本F4協会をはじめとする関係各位と協議。2014年より、FCJに代わる育成の場を日本国内の「フォーミュラ4(F4)」に移行することを検討していく。

HFDPは、プロドライバーへの登竜門である「全日本F3選手権」やFCJへのサポートを通じて、多くのドライバーを輩出。現在では、「SUPER GTシリーズ」や「全日本選手権スーパーフォーミュラ シリーズ」において、中山友貴、山本尚貴、小林崇志、中嶋大祐など多くのドライバーが活躍している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集