新日鐵住金、インドで自動車用鋼管の量産を開始

自動車 ビジネス 海外マーケット

ニッポン・スチール・パイプ・インディア
  • ニッポン・スチール・パイプ・インディア
新日鐵住金は6月28日、同社などが出資するインドのニッポン・スチール・パイプ・インディア(NPI)社が自動車用鋼管の一貫製造体制を構築し量産を開始したと発表した。

NPIは、2012年1月に、新日鐵住金の子会社であるサイアム・ニッポン・スチール・パイプ(SNP)社から素管の供給を受け、切断・熱処理等の鋼管加工を開始したが、計画通り2012年末に造管及び伸管設備の設置を完了し、2013年1月に造管から伸管・熱処理・加工に至る一貫製造体制を構築。これまでに一貫製造製品に関する顧客からの材料承認の取得を進めており、今年6月より本格生産を開始している。

同社グループでは、引き続き日系を中心とする自動車(完成車・部品)メーカー各社のニーズに応えながら、急拡大が見込まれる新興国市場の需要を捕捉し、利益成長を図っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集