ボーイング、FAAより787のナビゲーション・パフォーマンスの認可を受ける

航空 企業動向

ボーイング787
  • ボーイング787
  • ボーイング787
ボーイングは6月26日、FAA(アメリカ連邦航空局)から、787編成におけるRNP AR(Required Navigation Performance - Authorization Required:リクワイアード・ナビゲーション・パフォーマンス)の認可を受けたことを公表した。

RNP ARを使って飛行する運用者は、ナビゲーション・システムをGPSベースのグローバル・ナビゲーション・サテライト・システムと同時に使用することで、規定されたルートを正確にたどり、燃料の燃焼や排気、空港の渋滞を極度に減らすことができる。

「この認可は787の燃料消費を最小限にとどめることを、ボーイングの顧客に実現する。軌道周回するRNP APの運用認可により、市場において顧客にアドバンテージを与えるだろう」

「長期的には、全ての航空産業関係者はRNPを通して効率よく運用されることで、さらなる航空機の燃料を節減するという恩恵を受けることとなる。世界規模の空の渋滞は改善され、CO2のフットプリントは削減される」とボーイングの商用航空サービスデジタル航空、エアスペース・プログラムのディレクター、マイク・カフリッシュ氏は語った。


この制御の認可を受ける為に、飛行機運用者は以下の項目を満たすことが必要となる。

・10分の1海里以下の誤差を持つGPS航法装置
・飛行クルーと要員のトレーニングが確立されていること
・計画されたルートと日時における広大なGPSカバレッジを保証する機能(RNP機能予測)
・飛行クルーの運用手順
・RNPナビゲーションのチャートとデータベースが正確で、現行であることを保証する機能(ナビゲーション・データベースの確認)

ボーイングのRNP APアプリケーション・サービスは、次世代737、ボーイング・ビジネスジェット、777においてすでに利用可能である。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集