ベトナムの消費者物価、上昇率が過去10年で最低

エマージング・マーケット 東南アジア

【ベトナム】国営ベトナム通信などによると、ベトナムの6月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前月比0・05%の上昇にとどまり、過去10年間で最低となった。1―6月のCPI上昇率も2・4%で、過去10年で最低となり、インフレは完全に沈静化した。

 6月は最近の不動産不況を反映し、住宅や建築資材の値上がりが過去最低となった。
《編集部》

編集部おすすめのニュース