エアバス、SASが8機のA350 XWBと4機のA330を注文

航空 企業動向

SASのA350-900
  • SASのA350-900
  • SASのA330-300
エアバスは6月25日、スカンジナビアの航空会社であるSASが、8機のA350 XWBと4機のA330を採用するため、了解覚書にサインしたと発表した。

この契約は、ノルウェーの首都であるオスロにてサインされた。新しいA350-900とA330-300は、現在の30機のエアバス機による編隊に合流することとなり、エンジンの選定は航空会社によって、後日発表される予定である。

現在、SASは19機のA320系列航空機と4機のA330、そして7機のA340の編隊を運航している。この新しいワイドボディーの航空機は航空会社の編隊に継ぎ目なくフィットし、運用上の効率とコスト削減を、編隊全体を通してもたらすこととなる。

「この技術的改良により、SASの長距離飛行編隊をトップクラスに押し上げる。快適性とサービス、そして効率の良さといった顧客への奉仕を強化する。我々は快適で静かなキャビンを持つ燃料効率の良い航空機に、乗客を迎え入れることを楽しみにしている」とSASグループの社長兼CEOのリッカード・グスタフソン氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品