カンボジアで世界遺産委員会 富士山の登録決定

エマージング・マーケット 東南アジア

東京発徳島行きJEX1433便から見た富士山(2013年4月)
  • 東京発徳島行きJEX1433便から見た富士山(2013年4月)
カンボジアの首都プノンペンで第37回世界遺産委員会が開かれ、6月22日、富士山の文化遺産登録が決定した。

決定の瞬間、日本代表団の近藤誠一文化庁長官、木曽功ユネスコ大使、山梨県の横内正明知事、静岡県の川勝平太知事らは立ち上がり、がっちりと握手をかわした。

事前に除外勧告を受けていた三保松原(みほのまつばら)についても、ドイツを皮切りに19の委員国から除外すべきでないという声があり、含めることで決まった。

日本がアンコール遺跡の修復に技術協力を行うカンボジアも、富士山の応援演説をした。
編集部

編集部おすすめのニュース