智頭急行とJR西日本、7月13・14日「おもちゃ列車」運転…智頭急初のラッピング車を使用

鉄道 エンタメ・イベント

智頭急行とJR西日本は、7月13・14日に「おもちゃ列車」を運転する。智頭急行とJR西日本のラッピング車を使用し、車内で玩具にちなんだイベントが行われる。

13日は智頭急行が智頭線で運転する。車両は智頭急行のラッピング車両「むさしラッピング列車」を使用。運行時刻は1回目:大原発10時30分~智頭着11時10分・智頭発11時40分~大原着12時23分、2回目:大原発12時43分~上郡着13時30分・上郡発13時42分~大原発14時37分、3回目:大原発14時49分~智頭着15時35分・智頭発15時50分~大原着16時16分を予定している。

「むさしラッピング列車」は美作建国1300年記念事業の一環で、デザインは美作国建国1300年記念事業美作市実行委委員会と美作市が一般から募集した。車体に宮本武蔵のイラストが描かれるという。智頭急行としては初のラッピング車両となる。

13日の「おもちゃ列車」がラッピング車としての最初の運行となり、当日は9時50分から10時30分まで大原駅3番線ホームで出発式を実施する。「おもちゃ列車」で運用した後は通常の運用に入り、約3年間運転する予定。

14日の「おもちゃ列車」はJR西日本の姫新線で運転される。運行時刻は津山発11時~佐用着13時36分・佐用発13時42分~津山着15時40分。車体にアニメ「NARUTO -ナルト-」のキャラクターを描いたラッピング車両「NARUTOトレイン」での運転となる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集