【リコール】スズキ ワゴンR 4WD…車両安定性が損なわれるおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット

不具合箇所説明図
  • 不具合箇所説明図
スズキは6月24日、「ワゴンR」の横滑り防止装置コントローラに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2012年9月10日~2013年4月4日に製作された1246台。

四輪駆動の横滑り防止装置付仕様車で、誤って二輪駆動仕様の制御プログラムを書き込んだため、凍結路面等でゆっくり制動したときにABS(アンチロックブレーキシステム)が作動せずに車輪がロックし、車両安定性が損なわれるおそれがある。

全車両、制御プログラムを良品に書き換える。

不具合発生はなく、社内の情報で発見した。

事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース