スパイカー、サーブ破綻を巡る判決に控訴…GMとの争いは長期化へ

自動車 ビジネス 企業動向

GMの技術が多く採用されているサーブ9-4X
  • GMの技術が多く採用されているサーブ9-4X
2011年12月、経営破綻したスウェーデンの自動車メーカー、サーブオートモビル(以下、サーブ)。そのサーブの経営破綻を巡っての、元親会社のスパイカー(旧スウェディッシュオートモビル)とGMの法廷での争いが、長期化の様相を呈してきた。

これは6月20日、スパイカーが明らかにしたもの。「6月10日の判決は不当なもので、控訴する」と発表している。

スパイカーは2012年8月、米国ミシガン州の裁判所に、GMを提訴。スパイカーは、「サーブの経営破綻の原因はGMにある」と主張。スパイカーがGMに対して、30億ドルの損害賠償を求めるというものだった。

GMが中国企業によるサーブの買収計画を妨害したというのが、スパイカーの主張。GMは2011年当時、サーブ車に採用されているGMの技術が中国企業に流出することを懸念して、サーブの中国企業による買収計画に反対。結局、この買収話は破談し、サーブは経営破綻に至った。

6月10日、米国ミシガン州の裁判所は、スパイカーの訴えを棄却。「GMは正当な権利を行使したまで」と判断していた。

スパイカーは「判決を慎重に検討した結果、控訴することを決めた」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集