日野自動車、市橋副社長の社長昇格を発表

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車、市橋保彦新社長
  • 日野自動車、市橋保彦新社長
日野自動車は6月21日、市橋保彦副社長が社長に昇格する役員人事を正式に決定した。

白井芳夫社長は退任し、豊田通商の代表権を持つ副会長に就任する。

また、市川正和副会長が代表権を持つ会長に昇任。岡本一雄会長は退任し、相談役に就任する。

市橋氏は、岐阜大工卒後、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)に入社し、2003年に常務役員、2004年にトヨタテクニカルセンターU.S.A.社長、2006年にトヨタ・モーター・エンジニアリング・アンド・マニュファクチャリング・ノースアメリカ執行副社長を経て、2008年にトヨタ自動車の専務取締役に就任した。その後、2010年に関東自動車工業(現トヨタ自動車東日本)副社長から2012年6月に日野自動車の副社長に就任した。61歳。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集