ボッシュ日本 ヘミング社長「日系メーカーとの取引を大幅に拡大できた」

自動車 ニューモデル 新型車

社長のヘルベルト・ヘミング氏
  • 社長のヘルベルト・ヘミング氏
  • ボッシュ日本 ヘミング社長「日系メーカーとの取引を大幅に拡大できた」
日本のボッシュ・グループは2013年6月20日、神奈川県横浜市の同社研究施設で年次記者会見を開いた。

この場で社長のヘルベルト・ヘミング氏が2012年の報告と2013年の展望について語った。

ボッシュの2012年の日本での売上高は約3130億円で、2011年からはほぼ横ばいとなった。ヘミング氏は「日本のボッシュ・グループにとって、2012年は困難な年でした。しかし当社は、日系自動車メーカー(農建機メーカーを含む)との取引を大幅に拡大し、世界規模で約8%の伸びを達成することができました」と語った。さらににヘミング氏は「日本のボッシュ・グループは、2013年もこうした成長を継続できるよう、非常に多くの新規取引を獲得しています」と付け加えた。

日本のボッシュ・グループの売上げは、2012年の後半にとくに欧州と中国における経済的な減速により減少したものの、厳しくコストを管理し、ビジネス環境の変化に素早く対応した結果、利益を維持。2013年度には日本での売上げを回復し、前年比2%増程度の成長が見込まれている。

2012年の日本のボッシュ・グループの業績の推移は、事業セクターによってばらつきがあり、自動車機器テクノロジーと産業機器テクノロジー・セクターでは売上高は若干落ち込んだが、消費財・建築関連テクノロジー・セクターについては、前年比で約13%の増加が見られた。なお、日本のボッシュ・グループの従業員数は、2012年とほぼ同じ約7500人で、2013年も同水準を見込んいる。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集