セブンイレブン・マレーシア、シェブロンと店舗提携

エマージング・マーケット 東南アジア

セブンイレブン・マレーシアは、「カルテックス」給油所を運営する米系シェブロン・マレーシアと提携し、同給油所内でセブンイレブン店舗を向こう5年にわたって展開する。

13日に両者が覚書を締結した。

シェブロン・マレーシアは同様の覚書を、ハンバーガーチェーン「バーガーキング」を展開するコスモ・レストランとも結んでいる。13日にはクアラルンプール(KL)チェラスにバーガーキングドライブスルーとセブンイレブン店舗が併設された給油所がオープンした。

シェブロンは、現在420か所のカルテックス給油所を2015年までにあらたに100か所開設する計画。バーガーキングとセブンイレブンとの提携が店舗新設を後押しすると期待している。

セブンイレブンにとっては、シェブロンとの提携で店舗網拡大につながるメリットがある。セブンイレブン店舗は現在、国内1450か所で展開しており、利用客は1日当たり90万人に上っている。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

特集