カタール政府系投資ファンド、ポルシェ株式の10%を売却

自動車 ビジネス 企業動向

新型ポルシェ 911
  • 新型ポルシェ 911
  • 初テスト中のポルシェのルマンLMP1マシン
ドイツの高級スポーツカーメーカーで、現在はフォルクスワーゲングループ傘下のポルシェ。同社の大株主のひとつが、所有するポルシェ株式を売却したことが分かった。

これは6月17日、中東のカタール ホールディングが明らかにしたもの。カタール ホールディングが保有するポルシェの株式10%に関して、ポルシェ創業家に売却したと公表している。

カタール ホールディングは、カタール政府系の投資ファンド。2009年8月、カタール ホールディングはポルシェの株式の10%を購入することで、ポルシェと合意。以来、ポルシェに資本参加してきた。

カタールのハマド・ビン・ジャーシム首相(当時)は2009年、カタールが戦略的投資家としてポルシェの発展に大きな関心を持っていることを強調。「ポルシェは世界で最も価値ある自動車ブランドのひとつ。この伝統豊かなスポーツカーメーカーの株主に名を連ねたことは光栄。ポルシェの株主である両家との信頼により裏打ちされた協力関係を通じて、ポルシェが将来もフォルクスワーゲンとともに、成功の歴史を継続できるよう貢献したい」と述べていた。

なお、カタール ホールディングがポルシェ創業家に売却した株式について、売却価格などの詳細は明らかにされていない。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集