NAPAC、バンコク インターナショナル オートサロンに初出展…日本のカスタマイズ文化を世界に発信

自動車 ビジネス 海外マーケット

日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会・ブースイメージ
  • 日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会・ブースイメージ
  • 日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会・HP
日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)は、6月20日から30日の11日間、タイで行われる「バンコク インターナショナル オートサロン 2013(BIAS2013)」に初参加すると発表した。

BIASは、東京オートサロンの公認イベントとして今年で2回目の開催を迎えるカーカスタマイズイベント。昨年の初開催では110社が出展し、250台の車両を展示。70万人以上の来場者を記録した。

NAPACは今回、三栄書房、インスパイア・エンターテインメント社の協力を得て「NAPAC 合同ブース」を設置する。

同ブースでは、NAPAC会員31社(42ブランド)のアルミホイールやサスペンションキット、電子パーツ、シートなどのスポーティングパーツを86アイテム展示。また、ブース内では出品物のイメージ動画を放映し、日本のカーカスタマイズ文化を世界に発信する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース