村上解明堂、中国での自動車用ランプ合弁事業から撤退

自動車 ビジネス 企業動向

村上開明堂は、中国での自動車用ランプ製造するための合弁事業から撤退すると発表した。

同社は、イタリアのランプ部品メーカーのOLSAと中国とアジア市場での自動車用ランプの製造するための合弁会社「嘉興奥尓薩村上汽車配件(中華人民共和国)」を2011年2月に設立した。OLSAが55%、村上開明堂が45%を出資した。

しかし、中国やアジア市場の急速な環境変化に対応するため、OLSAとの共同経営方式では相乗効果の実現の可能性が低下し、部品メーカーとして市場環境への対応が遅れることを懸念。選択と集中により経営資源の最適化を図り、柔軟、効率的に事業を展開することが双方の企業価値を高めることが最善と判断、両社の合意により合弁契約を解消することにした。

村上開明堂が保有する嘉興奥尓薩村上汽車配件の持分の全てをOLSAに譲渡し、合弁契約を解消する。

嘉興奥尓薩村上汽車配件は2013年4-6月期(第1四半期)から村上開明堂の持分法適用関連会社から除外される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集