エアバス、A350 XWB初の飛行テストを6月14日に実施

航空 企業動向

A350 XWBの処女飛行テストのポスター
  • A350 XWBの処女飛行テストのポスター
  • エアバスA350 XWB
  • エアバスA350 ‐800
エアバスは6月11日、プログラムにおける現在の視界と飛行テストの状態を基に、『A350 XWB』の最初の飛行を6月14日に決定した。

気象状態が許せば、A350 XWB「MSN1」はトゥールーズのブラニャック空港を、現地時間の午前10時頃に飛び立つこととなる。

A350 XWBの飛行テストチームは現在、金曜日の最初の飛行に最終的青信号を与える前のA350 XWB「MSN1」の最終チェックを実施している。MSN1の燃料効率の良いロールスロイス・トレントXWBエンジンの最初の点火を含む、6月2日に行われた前回の予備処女飛行テストは成功を収めた。

A350 XWBは、典型的な3クラスのレイアウトでの270から350座席を持つ、3つのバージョンから構成される最新の中型サイズ長距離の生産ラインである。この新しい系列は、25パーセント少ない燃料の消費と同等の二酸化炭素排出の削減の提供で、現行の同サイズのカテゴリーの航空機において燃料消費に段階的変化をもたらす。2014年の後半にサービスに入ることが予定されているA350 XWBは、すでに世界中の33の顧客から613の確定注文を受けている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース