神戸製鋼、欧州アルミ圧延のハイドロと技術提携で合意…欧米カーメーカーを開拓

自動車 ビジネス 企業動向

神戸製鋼所は、欧州を拠点とするアルミ圧延メーカーであるハイドロ・アルミニウム・ロール・プロダクツと、自動車用のアルミパネル材の技術で提携することで合意した。

自動車ボディや構造部材用のアルミ材料に関する技術情報、知的財産、製造ノウハウの使用許諾、これらの技術サポートについての包括的に協力する。

自動車用アルミパネル材は、燃費規制強化を背景とした自動車軽量化ニーズの拡大により、需要伸びが期待されている。神戸製鋼は、アルミ板事業を重点拡販分野に位置づけいる。現在、自動車用アルミパネル材で日系自動車メーカー向けに高いシェアを持っており、今後、欧米自動車メーカー向けにも販売拡大を狙っている。このためには、グローバルに同等品質の材料を現地調達したいという自動車メーカーのニーズに応える必要がある。

今回、こうした取り組みの一貫として、欧州で自動車用アルミパネル材の有力メーカーであるハイドロと技術提携することにした。

今後、現在検討しているアルミパネルのグローバル供給体制構築も含め、需要家のグローバル調達ニーズへの対応力を高め、自動車用アルミパネル事業の拡大を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集